アフィリエイト広告の種類

目安時間:約 7分

 

アフィリエイトで扱う広告の種類は、概ね下記の3つに分類されます。

 

①クリック課金型広告

②物販広告

③インプレッション型広告

 

①クリック課金型広告

 

 

 

クリック課金型広告はサイトやブログに張られた広告をネットユーザーがクリックするだけで報酬が発生するタイプの広告です。このクリック課金型広告に代表されるのがグーグルアドセンス(Google AdSense)です。グーグルアドセンスはサイトやブログに広告を設置することでネットユーザーに最適な広告がランダムに表示されます。

 

 

Google AdSense広告は完全にグーグル任せ

 

グーグルアドセンスの特徴は、その広告に表示される内容は完全にグーグル任せである事です。

 

たとえば、あなたが楽天市場で「ウォーターサーバー」を見ていたとします。そしてその数時間後、今度は「子犬のしつけ方ブログ」というサイトを閲覧していたら、そこに表示されている広告を見て「あれ?、この広告って、自分がさっき見ていたウォーターサーバーだ!」と思わずびっくりした事はありませんか?

 

実はこれ、グーグル側があなたのネット閲覧の履歴を察知し、追跡型広告を表示させているからなんです。このように、ネットユーザーの属性に合致した内容の広告を自動的に表示させるのがクリック課金型広告です。

 

 

 

  • 画像クリック課金型広告の一例

 

 

 

 

 

クリック課金型広告のメリット・デメリット

 

クリック課金型広告のメリットは表示させる広告を「どんな商品の広告を張ればいいのか」その都度悩む必要がなく、全てをグーグル任せにすることができるという点。逆にデメリットといえば、運営しているブログなどに関連性のない広告が表示されてしまう事もあるという点。たとえば、旅行サイトの広告枠に腰痛や整体の広告が表示されてしまうなど、サイトに関連性のない広告が表示されてしまう事があります。

 

ちなみにグーグルアドセンス(Google AdSense)の場合、広告の設定で特定するジャンルの広告を表示させないよう配信停止することが可能です。

 

いずれにせよ、このようなサイトやブログに広告を設置し自動的に表示された広告がクリックされることでアフィリエイト報酬が支払われる広告をクリック課金型広告といいます。

 

 

②物販広告

 

 

 

 

物販広告はアフィリエイターが商品を選び、ブログに広告を設置し、その広告経由で商品が売れた場合に報酬が発生するというタイプの広告です。

 

たとえば、海外旅行の情報を発信するブログやサイトを運営している場合、アフィリエイターが選んだ格安航空券や海外オプショナルツアーなどの商品の広告を掲載し、その広告を経由し商品が売れたりサービスの申し込みがあった場合、アフィリエイターに成果報酬が支払われる仕組みの広告です。

 

この物販広告を貼りアフィリエイトを行う場合、「ASP」への登録が必須となります。ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)あなた(アフィリエイター)と広告主との仲介をしてくれるWebサービスで「A8.net」や「バリューコマース」などが有名です。

 

ASPの詳細について

 

 

ちなみに物販と聞くと、商品などの「物」を連想しますが、物販広告は商品や物以外に「無形のサービス」を紹介する広告もそれに含まれます。無形のサービスを紹介する広告というのはたとえば、「損害保険の新規見積りで報酬2000円」「英会話スクールの新規無料体験で報酬1000円」などの広告も物販広告に含まれます。

 

 

物販広告のメリット・デメリット

 

 物販広告のメリットは媒体(ブログやサイト)がしっかりと作りこみ出来てしまえばほぼ、ほったらかし状態でも比較的に安定した収入を見込めるという点です。

 

逆に、デメリットとしては、サイトを構築してアクセスを集めるまでにある程度の時間を要するという事と、商品によっては数万円の商品を売って数百円程度の報酬というようにプログラムによっては「利益率が低い」という点です。

 

 

 

③インプレッション型広告

 

 

インプレッション型広告は、サイトやブログに張られた広告が表示されるだけで報酬が発生するタイプの広告です。

 

「広告が表示されるだけで報酬が発生?」と聞くといかにも簡単で、合理的に聞こえるかもしれませんが、インプレッション型広告の特徴は収益率が極端に低く相当数のアクセスを要するためアフィリエイト初心者ではほぼ稼ぐことは出来ないという点です。

 

参考までに、どれくらい収益率が低いかというと

 

・クリック課金型広告⇒1クリック30円の報酬

・物販広告⇒1つ商品が売れると1,000円の報酬

・インプレッション型広告⇒1,000PV(ページビュー数)で10円の報酬

 

ちなみにPV(ページビュー数)とはウェブサイト内のページが開かれた回数の事です。よって、インプレッション型広告の場合相当数のアクセスを集めない限り稼ぐことが難しい事がお分かりになるかと思います。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

管理人:アフィリエイトナビゲーター:kazu

詳しいプロフィールはこちら

サイト内検索
人気ブログランキング
「超初心者目線」の初心者向けアフィリエイト教材
綺麗なサイトが簡単に作れるツール
カテゴリー
open all | close all
最近の投稿

ページの先頭へ