あなたのブログ記事に読者からの反応がない場合

目安時間:約 2分

 

あなたの書いた記事を有益な情報として捉えていただけたなら、きっと問い合わせやコメントを戴けるはず。でも、もしあなたの書いた記事に誰も反応を示さなかった場合、記事の書き方を変えましょう。それにはどうすればいいのか?

 

訪問者の気持ちになって記事を書く

 

あなたの記事に反応してもらうためのポイントは「訪問者の気持ちになって記事を書く」という事です。自分のブログに訪れる人はどういう人なのか、どんな目的で訪れてくれたのか、その人だったらどんな情報が欲しいのか?を考えてみましょう。

 

買い物に行って「この店員さんは何でこんなに不機嫌な顔をしているんだろう?」・・「上階に住む〇〇さんはどうしていつも下を向いて歩いているんだろう・・」「どうして課長はいつも理不尽な指示ばかりしてくるんだろう?・・」等々。普段何気なく生活している中、人と遭ったり、人と喋ったりとコミュニケーションを取る場面ていくらでもあるはず。

 

その機会を無駄にせず、自分の視点だけではなく相手の考えている真意を探ってみるだけで記事に客観性を帯びたスパイスの効いた記事が書けるようになります。事実として起こっている事はひとつでも、他人の立場から見た出来事はその人なりに“真実”としての別の情景があるものです。要は何事も人によって印象が違うという事。

 

相手の気持ちになって考えるというクセをつけて記事を書いていけば読者から必ず反応してもらえるような記事を書くことが出来るようになります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

管理人:アフィリエイトナビゲーター:kazu

詳しいプロフィールはこちら

サイト内検索
人気ブログランキング
「超初心者目線」の初心者向けアフィリエイト教材
綺麗なサイトが簡単に作れるツール
カテゴリー
open all | close all
最近の投稿

ページの先頭へ