アフィリエイトで稼ぎやすいプログラム(商品)選びのポイント

目安時間:約 6分

アフィリエイトの報酬単価が高いからと言って闇雲に紹介してもほとんど売上げに繋がらないという事が多々あります。

 

なぜかというと、そういった場合の多くは報酬単価が比較的高いものが多く、高額すぎて中々商品が売れないため販売者側が報酬単価を敢えて高めに設定している事があるからです。

 

なので報酬単価(料率)が高い商品の場合、下記4つの要素の内、最低でも1つは該当する商品を選ぶ事をお勧めします。

 

意識しなければならない“4つの要素”

 

アフィリエイトで稼ぎやすいプログラム(商品)選ぶ上で意識をしなければならない要素には4つあると考えられます。

 

その3つとは

    • 無料系のプログラム
    • どうしても欲しいと思わせる商品
    • 継続的に売れる商品
    • 原価率の低い商品

です。

 

 

 

無料系のプログラム

 

 

 

無料系のアフィリエイトプログラムはネットユーザーが無料で会員登録や資料請求をした場合、アフィリエイト報酬が支払われるプログラムです。

 

一例をあげると

 

  • 車の買取り査定や保険会社の無料見積り
  • 求人サイトなどの会員登録
  • オンラインスクールなどの無料体験や資料請求

などです。

 

 

 

どうしても欲しいと思わせる商品

 

 

どうしても欲しいと思わせる商品とは人の欲求や悩みに関係した商品です。欲求や悩みに関係した商品は金額が多少高くても比較的売れやすい傾向にあります。

 

ちなみに、人間というのは本来、基本的に8つの欲求を持っていると言われています。

・生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい。

・食べ物・飲み物を味わいたい

・恐怖、痛み、危険を避けたい

・性的に交わりたい

・快適に暮らしたい

・他人に勝り、世の中に後れをとりたくない

・愛する人を気遣い、守りたい

・社会的に認められたい

これら8つの欲求はセールスの世界でよく使われるLF8という心理です。人が「どうしても欲しい」と思う商品はこれらのいずれかに例外なく関わっています。

 

 

継続的に売れる商品

 

 

 

アフィリエイターの目線でいえば、たとえ高いものが売れたとしても、それが年に数回程度の話では稼いでいるとは言えません。それよりも、安いものでも頻繁に継続して商品が売れる方が利益は上がります。

 

たとえば、化粧品業界旅行業界は継続率が比較的に高い商品を扱っている事が多い業界です。1,000円程度のお試しセットが売れれば、2,000円の報酬が貰える企業も存在するくらい、赤字覚悟でリピーター獲得に必死というわけです。

 

 

原価率の低い商品

 

 

原価率が低い商品は何かというと、ひとつが保険業界です。保険業界というのは死亡や病気、ケガなどに備えるよう掛け金を集め亡くなった場合や病気やケガで入院した人だけにお金を支払っています。

 

そのため商品そのものに「原価」というものがなく在庫を持つ必要もありません。

 

もちろん原価がかからなくても設備投資や人件費等は必要になりますが、それでも利益率が高い事は容易に想像がつきます。なので、この保険という商品は利益が出やすいためその分広告宣伝費に莫大なお金を使います。当然ながらアフィリエイト報酬も高く設定されている事が多いのです。

 

更に、原価率の低いアフィリエイト商品として外せないのが情報商材(教材)です。

 

 

情報商材(教材)は商品そのものが“情報”や“ノウハウ”なので原価率はかなり低く、アフィリエイトの報酬単価はとても高いです。

 

情報商材(教材)の1件あたりのアフィリエイト報酬は販売価格の50%以上というものも数多く存在していますので、販売数次第では爆発的な報酬を稼ぐことができます。

 

情報商材アフィリエイトについて

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

管理人:アフィリエイトナビゲーター:kazu

詳しいプロフィールはこちら

サイト内検索
人気ブログランキング
「超初心者目線」の初心者向けアフィリエイト教材
綺麗なサイトが簡単に作れるツール
カテゴリー
open all | close all
最近の投稿

ページの先頭へ