レビューサイトを作成する場合に重要なこと

目安時間:約 3分

 

レビューサイトを作成する場合に重要なのは、いわゆる“買え買えサイト”にしない事です。

 

たとえば化粧品のレビューサイトで商品を紹介する場合、「これもいい!」「あれもいい!」などと、一方的に褒め称える記事ばかり書いていると、ネットユーザーは「なにがなんでも売りたくて褒めちぎっているのに違いない」と疑ってしまいます。

 

商品の“良し悪し”を包み隠さずレビューする

 

たとえば、下記のような2つのレビューが書かれていたとします。

 

①「この○○という美容液は即座にシミが薄くなり、肌全体が透明感とハリのある肌へと導きます。これは絶対にオススメです。・・・」

 

②「この○○という美容液は肌への浸透率が物凄くいいです。ただ個人的には値段が少々高めという感じがしますが、頑張って続けていけば1週間ぐらいで小鼻の黒ずみが薄くなる感じです。・・・」

この場合、①と②ではどちらのレビューに信憑性を感じられるでしょう? たぶん②の方ではないでしょうか?。

 

②は「少々値段は高めですが」と、あえてその商品のデメリットを包み隠さず伝えています。そうする事で読者はあなたを信用し共感するわけです。

 

しかし、実際、頭では理解していても、記事を書いていくとついつい「買って!」「クリックして!」という気持ちが文章に表れてしまいがちです。そうなると記事を読んでいる読者は「売りつけられている」と感じ、最後まであなたの書いた記事を読まずにページから離脱してしまいます。

 

レビューサイトで報酬を稼ぐのであれば実際に商品を購入して、自分で使ってみた「使用感」や「オススメする理由」など、できるだけ詳しく記し「いいところ」も「悪いところ」も包み隠さず記事に織り交ぜながら商品を紹介する事が重要なポイントです。

 

そして、「わたしもこれを使ってあんな風になりたい!」というベネフィット(商品そのものを手に入れる事で得られる二次的メリット)を匂わせ商品を購入してくれるよう促します。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

管理人:アフィリエイトナビゲーター:kazu

詳しいプロフィールはこちら

サイト内検索
人気ブログランキング
「超初心者目線」の初心者向けアフィリエイト教材
綺麗なサイトが簡単に作れるツール
カテゴリー
open all | close all
最近の投稿

ページの先頭へ