アフィリエイトを始める場合の注意点

目安時間:約 9分

 

アフィリエイトはネットビジネスの中でも「在庫を持たない」「ゼロ資金」でビジネスを始められるなどの理由からチャレンジする人も多いのですが、始める人の行動や考え方ひとつで思わぬリスクを被ってしまう恐れがありますので本章では「アフィリエイトを始めるうえでの注意点」について解説しておきます。

 

 

アフィリエイトを始めるうえでの注意点といっても「金銭的リスク」での注意点もあれば「稼ぐための注意点」等、様々ありますが、アフィリエイトで「金銭的リスク」を被らないための注意点としては概ね下記2つです。

 

    • 「詐欺まがいの商品(悪徳教材)」や「高額塾(セミナー)」に騙されないように注意する
    • 無料ブログだけに依存しない

 

です。

 

「詐欺まがいの商品(悪徳教材)」や「高額塾」に騙されないように注意する

 

 

 

だいぶ昔ですが、お金儲けに関する情報商材(教材)で(タイトルは定かではありませんが)「たったの1時間で30万円をゲットする方法」みたいな教材が「情報商材(教材)」として売られていたことがあります。

 

買ったユーザーが商材をあけてみるとその方法として書かれていた“マニュアル”は

 

 

「今すぐ消費者金融の自動契約機に行ってください。

 

   そしてタッチパネルで申込みを完了してください。」

 

 

という、笑い話のような“笑えない”教材でした。もちろん笑い話ではなく、事実ネットで販売されていたのです。

 

アフィリエイトは確かに他のビジネスに比べノーリスクで、初期投資もなく始められるビジネスです。しかしこれは「やろうと思えば無料でできる」というレベルで考えた方がいいです。

メールアドレスを取得して(無料)無料ブログ(seesaaシーサーブログやFC2ブログ等)を開設し、ブログ記事にアフィリエイトリンク(広告)を張ってインターネット上で公開しそのブログ経由で商品が購入されればアフィリエイト報酬は発生します。

 

しかし、ただ闇雲にそれだけを行っても、殆ど商品が流通することはないでしょう。なぜなら何事にも「やり方」「手順」というものがあってやり方や手順を間違えるとどんなに作業をしてもその苦労は徒労に終わってしまいます。なので、少なからず知識は必要です。そして、その知識を補うために「マニュアル(教材)」や「書籍」や「塾(セミナー)」が存在します。

 

しかし残念ながら、先述したように、書籍は別として、マニュアルや教材、塾(セミナー)などは買ってみるまで中身が見えないことをいいことに詐欺まがいの商品を販売したり、入会を誘ったりする輩がいるのも事実です。

 

特に

・1日たった3分コピペので毎月200万!・・・・

 

・パソコンを一切触らずに勝手に自動でお金が!・・・

 

など、

 

「自分が何の努力をしなくてもお金が儲けられる」「利益を保証する」というような煽りコピーを謳う教材はほぼ間違いなく詐欺商材と思った方がいいです。

 

基本、アフィリエイトはネットユーザー(お客様)に価値ある情報を提供し、情報を貰った人が何らかの問題解決や改善が図られたときに「ありがとう」という見返りに報酬を貰うビジネスモデルです。そもそも、そういう「何の努力もしない人」が人様からお金を貰えるはずはないことくらい賢いあなたならお分かりになるでしょう。しかし「自分はこんなものには絶対に引っかからない」と高を括っていても、言葉巧みに信憑性をチラつかせ、誘ってきますのでくれぐれも注意が必要です。

 

もちろん現在は、各ASP(アフィリエイターと教材販売者を仲介する会社。教材を拡販するために教材をASPに登録するのが殆ど)で教材の登録の際、厳重に審査を行っていますので、その手の極端な教材は勿論の事、価格の割に薄っぺらな教材などは今では登録できない仕組みになって来ており昔に比べれば詐欺商材(教材)は格段に減っています。しかし残念ながらゼロではありません。

 

 

 

無料ブログだけに依存しない

 

 

 

資金ゼロでアフィリエイトを行う場合とても重宝するのが無料ブログサービスです。

 

ホームページを一から作成することに比べれば無料ブログの場合、メールアドレスを取得して無料ブログサービス(seesaaブログ、FC2ブログ、アメーバーブログ、ライブドアブログなど)からアカウントを取得すれば手軽に、しかも無料でサイトが開設できます。

 

しかし、そんな便利な無料ブログでもやはりリスクは存在します。そのリスクとは、あくまでも「趣味レベル」で、何の目的もなく運営されているようなブログであれば殆ど関係ないのですが、そのブログが「稼ぐ媒体」として運営されているような場合はリスクを留意する必要があります。

 

どういうことかというと、無料ブログはあくまでも「他人」のWebサーバー(データなどを格納する倉庫のようなもの)を無料で使わせてもらっているというスタンスになります。なので、無料ブログを使わせてもらうための条件として、ある一定の規約を遵守しなければなりません。規約と言っても各ブログサービスによって異なりますが、たとえば、アメーバーブログやSeesaa ブログは「アフィリエイトを目的としたブログ運営」を原則禁止しています。

 

そしてこの「原則」という言葉が曖昧で、「アフィリエイトを目的とした」という部分もはっきりとした線引きがありません。そこはあくまでも、ブログサービス提供側の判断に委ねるしかないのです。

 

たとえばブログ記事で、

「肌荒れにはこの化粧水がオススメです。

⇒クリック(広告バナーやアフィリエイトリンクに誘導)

 

と記してあれば、完全にアフィリエイトブログ(サイト)と判断されるのでしょうが、そうではなく、普通に何気なく、日記のようなブログを書いていて、たまたま肌荒れに効果的な洗顔法が書かれた他のブログ記事を見つけその「ブログ」を紹介した場合など(この場合はアフィリエイトとはいわないと思いますが)「アフィリエイトを目的」としているか否かが若干曖昧です。

 

もし仮に規約違反と判断されれば、ブログそのものが削除されたり、最悪、アカウント停止などの措置が取られてしまう可能性があります。しかもそれは、事前に注意喚起があったり、予告通知があったりするものではなく「突然削除」です。これにあなたが抗弁しようがしまいが、とにかく無料ブログサービス側がダメと言えばダメなのです。

 

 

 

削除されたブログが、キャッシュポイントではない単なる趣味程度のブログであれば、それほど神経質にならなくてもいいのでしょうが、もし、そのブログが月に何十万円もの収入をもたらすような生産性のある媒体であったなら、膨大な損失につながります。そこからの報酬は今後一切閉ざされてしまいますから。

 

そういったことを考えると無料ブログは常にそのリスクと隣り合わせといっても過言ではありません。だからこそ、無料ブログだけに依存するのは非常に危険なわけです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

管理人:アフィリエイトナビゲーター:kazu

詳しいプロフィールはこちら

人気ブログランキング
「超初心者目線」の初心者向けアフィリエイト教材
綺麗なサイトが簡単に作れるツール
カテゴリー
open all | close all
最近の投稿

ページの先頭へ