PPCアフィリエイトとは

目安時間:約 4分

PPCアフィリエイトとはPPC広告(ヤフーの場合はリスティング広告、グーグルの場合はGoogleAdWordsという)を使って検索結果の突出した部分(目立つ場所)に自分のサイトのリンクを意図的に表示させ、アフィリエイト報酬を稼ぐという手法です。

 

ちなみにPPCは“Pay Per Click”の略で、Google翻訳で調べると「クリック単価」と変換されますがアフィリエイト的な観点から言えば“クリック課金型”という意味です。

 

たとえばあなたが“美白”に興味をもっていて「美白」というキーワードで検索したとすると下記のような検索結果が表示されると思います。

 

 

この検索結果画面の赤枠で囲った部分がPPC広告の部分にあたります。通常アフィリエイトを行う場合、自分のブログやサイトを検索エンジンで少しでも上位に表示させるため、様々なSEO(検索エンジン最適化)を施し、しゃかりきになってサイト構築していくわけですが、PPC広告を使えば極端な話、ブログやサイトの中身などどうであれ、検索結果で上位に表示させる事ができてしまいます。

 

よく“アクセスはお金で買える”と言われていますがこのPPC広告もその類いといえます。

 

 

PPC広告単価は入札制

 

PPC広告は、広告を出して、それがネットユーザーにクリックされると、それに応じて課金され、クリックされたらワンクリック◯円という換算でヤフーやグーグルにお金を払うわけです。このPPC広告の単価は入札制のため、人気の高いキーワードでは広告単価が高く、人気のないキーワードの広告は広告単価が安い仕組みになっています。

 

つまり、広告の表示される順番は、広告費を高く設定している人が検索結果で上位に表示される仕組みになっています。結局、“広告費争い的”な要素があるので、広告費をケチっている人は広告枠の中に表示すらされない状況が出てきます。

 

なので、資金的にゆとりのある人ならば広告費が多少高くても人気商品で十分売上が見込めるので、PPCアフィリエイトでも稼げる可能性があります。

 

 

PPCアフィリエイトのメリットは短期間で収益が見込める事

 

PPCアフィリエイトのメリットは、商品を紹介するページをブログやサイトで作り、PPC広告を出すだけなので、手間的に考えれば比較的短期間で収益が見込める可能性があります。

 

普通は自助努力でサイトをメンテナンスして上位表示を狙っていくわけですが、ppcアフィリエイトの場合、サイトのメンテナンスといっても、広告費を時折確認する程度なのでサイトそのもののメンテナンスは、ほとんど無いに等しいといえるでしょう。

 

ザックリいえば、PPCアフィリエイトは忙しいけれどある程度資金に余裕がある人向けのアフィリエイト手法といえます。

 

 

PPCアフィリエイトのデメリット

 

PPCアフィリエイトのデメリットはPPCアフィリエイトの市場が増えれば増えるほど広告単価が上昇するので利益が尻窄みになってしまう可能性があるという点です。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

管理人:アフィリエイトナビゲーター:kazu

詳しいプロフィールはこちら

人気ブログランキング
「超初心者目線」の初心者向けアフィリエイト教材
綺麗なサイトが簡単に作れるツール
カテゴリー
open all | close all
最近の投稿

ページの先頭へ