ダイアリーブログ(日記ブログ)のメリットと注意点

目安時間:約 5分

 

ダイアリーブログ(日記ブログ)はその名の通り特にテーマを決めず、日常の体験や想いを日記のようにブログで更新していくというスタイルなのでその気になれば記事ネタも多く、記事更新も比較的ストレスなく行う事が出来るといえます。

 

 

 

「きょう子供とディズニーランドに行ってきました。

TDLデビューに長男大はしゃぎです・・」

 

「明日から3泊5日でニューヨークに行ってきます。5年ぶりの渡米です・・」

 

「きょう、とても美味しい日本酒見つけました。これです・・」

等々・・

このように思うままに記事を綴ればいいわけです。しかし・・・

 

そんな風に気楽に記事を書いていくダイアリーブログ(日記ブログ)ですが

運営する上で注意しなければいけない事もあります。

 

ダイアリーブログ(日記ブログ)は記事は書きやすいがアクセスを集めるのに苦労する

 

 

 

日記ブログを運営する上で注意しなければいけない点

それは、「有名人でもない人の日記を果たしてどれほどの人が興味を持つのだろうか?」という点です。

 

以前、お笑いタレントのCOWCOWがコントで

「当たり前体操♪」というネタをやっていた事があります。

日常の「当たり前」を風刺的に歌にしたものなのですが

 

 

「待ち受け(携帯の)見てよ~♪飼ってる犬ぅ∼∼∼

                     ♪興味ない!」・・・

 

というやつです。ご存知の方もいるかもしれませんが。

その歌のフレーズにこの本質がよく表れていると思います。

 

自分では可愛いと思っている愛犬の画像を

携帯の待ち受けにして、

それを人に見せようと差し出すものの、

周りの人は他人の飼っている犬など、

それほど関心は持っていないという事を皮肉った歌です。

 

この手のものはよくSNSなどのタイムラインでも見かけます。

 

有名でもない一般の人が、

自分の子供の成長ぶりを執拗に配信する・・・

あるいは、毎朝、空模様の画像を添付して

「今朝の空は雲一つありません」等とコメントし送ってくる・・・

 

当人は誰かにそれを見てもらい

「いいね!」などのリアクションをしてもらう事が

快感なのかもしれませんが

 

芸能人や有名人でもない限り、そのような「一般人の日記」を

楽しみに待っているという人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

 

もちろん無名の人であっても、ライティング能力に長け、

ちょっとした出来事でも面白おかしく、劇場型ストーリーのように

編集できる技術を持っている人であれば別ですが、

一般的には難易度は高いと言えると思います。

 

なので、ダイアリーブログ(日記ブログ)の場合

ブログそのものへの「アクセス」を集めようとするのではなく、

あくまでも記事更新に慣れる事、また、タイピングを少しでも向上させるという目的で

記事を更新するというスタンスが望ましいと思います。

 

とはいえ、気負わず気軽に記事を書くことができるというのは

ダイアリーブログ(日記ブログ)のメリットである事に違いありませが。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

管理人:アフィリエイトナビゲーター:kazu

詳しいプロフィールはこちら

人気ブログランキング
「超初心者目線」の初心者向けアフィリエイト教材
綺麗なサイトが簡単に作れるツール
カテゴリー
open all | close all
最近の投稿

ページの先頭へ