ネットオークションで落札額をあげる方法

目安時間:約 4分

ネットオークションで出品する商品が決まったらなるべく高価格で落札されるよう方法を考えます。

 

載せる画像の工夫をする

 

ネットオークションで落札額をあげる方法として必要なのはまず、載せる画像の工夫です。

 

ネットオークションでは出品する際に商品の画像を撮り、それを掲載するわけですが、何も考えずに適当に撮って写真を載せても商品の魅力が半減してしまいます。なので、そこはしっかりと意識して撮りましょう。

 

では、商品画像の撮り方ですが写真は全部で3枚しか載せることができませんのでネットユーザーが魅力を感じそうなシチュエーションで3パターン撮ります。

 

 

商品撮影にフラッシュは極力使わない

 

写真の撮り方のポイントですがたとえば、仕事から帰って夜に写真を撮ろうとするような場合ついつい夜間という意識からフラッシュ撮影をしがちです。しかしこのフラッシュは極力使わず、部屋の照明を全灯し明るくするなどして撮ったほうが商品の写真を綺麗に撮ることができます。

 

また、商品と、そこに写る壁やテーブル等の色に注意します。壁やテーブルの色合いと商品の色合いにギャップがあったほうがコントラストがはっきりし写真映えします。

 

このように、ちょっとした工夫で綺麗な画像が撮れ、商品の見栄えが全然変わってきますので、落札額を高めるためにはここは無視できません。

 

なお商品説明ですが、まず商品のタイトルを決めます。ネットユーザーが、商品を検索して目にする部分はタイトルですので、このタイトル一覧で商品の内容や魅力が伝わるように工夫します。

 

そして商品名のほか、スペックや状態を記します。ここは虚偽を謳う訳にはいきませんので事実のまま掲載します。たとえば出品するものがソファーだったら何人掛か?サイズはどれくらいか?新品か?中古か?などを記します。

 

次に商品の解説文ですが、こちらはズラズラと書き並べても見ずらいので表にまとめて表示します。

 

どんな内容を記すのかというと

    • 1、商品の概要や特徴説明
    • 2、出品者のコメント
    • 3、決済方法
    • 4、配送方法

などです。これらを表にまとめます。

 

 

テンプレートを使ってカッコいい表にまとめる

 

なお、かっこよく表にまとめる場合はテンプレートを使うと便利です。テンプレートは検索エンジンで「オークションテンプレート」と検索すれば、クール系、可愛い系など、おしゃれなテンプレートが数多くヒットします。

 

そして、出品が完了したら出品した商品が上位表示されるための戦術も必要です。そのためには「注目のオークション」を設定します。注目のオークションは追加料金はかかりますが、オークションで上位に表示してくれるサービスです。広告費が高い順に表示してくれるのでより多くの人たちに商品を見てもらうことができます。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

管理人:アフィリエイトナビゲーター:kazu

詳しいプロフィールはこちら

人気ブログランキング
「超初心者目線」の初心者向けアフィリエイト教材
綺麗なサイトが簡単に作れるツール
カテゴリー
open all | close all
最近の投稿

ページの先頭へ