マイナンバーで副業がバレるというのは本当?

目安時間:約 4分

 

巷ではマイナンバー制度の導入で「副業がバレるのでは?」という噂が多く出回っているようです。

 

現在副業をやっている人、もしくは、これから副業をしようと考えている人にとって“副業バレ”はとても気になるところかと思いますので、本頁ではマイナンバー制度の導入で副業がバレるのでは?という疑問について記しておきたいと思います。

 

そもそも「マイナンバー」って何?

 

 

マイナンバーで副業がバレるかどうかを説明する前に、そもそも「マイナンバーって何?」って思っている人も多いかと思いますのでマイナンバーとは何かについて解説しておきたいと思います。

 

マイナンバーは日本の市区町村に住民票のある住民全員が公平に税金を納めるよう、また生活保護の不正受給やその他行政手続き上の不正を防止するために、すべての国民の収入や社会保険の加入状況などを正確に国が把握する事を目的に全国民一人一人に12ケタの番号を割り当てた制度です。

 

正式には「個人番号」と呼称するのが正しく、マイナンバーはあくまでも「通称」での呼び名となっています。このマイナンバーは、会社勤めのサラリーマンであれば雇用者側に自身のマイナンバーはもちろん、家族を扶養している場合はその家族のマイナンバーも合わせて提出しなければなりません。更に、本業以外に副業(企業や店舗で)をしている場合もその雇用先企業にマイナンバーを提出しなければなりません。

 

 

マイナンバー制度の導入で副業バレるか?

 

 

 

では、このマイナンバー制度の導入で副業がバレてしまうのかという点ですが、結論から言って、基本的にマイナンバー制度で副業がバレることはないようです。(※あくまで個人的な見解ですので自己責任でお願いします

 

なぜなら、マイナンバー制度は、「誰が、どこから、どれくらい収入を得たか」という事を把握するためであって、「本業の会社に副業を知らせるための制度ではない」からです。

 

内閣府のホームページ(マイナンバーQ&A(Q5))より

マイナンバー制度導入に伴い、地方税関係手続に変更が生じるものではなく、
マイナンバー制度の導入により副業を行っている事実が新たに判明するものでは
ありません。
住民税の税額等は、特別徴収額の決定通知書により給与支払者を経由して納税
義務者に対して通知されており、この通知書に前年の給与収入合計額が記載され
ていることから、現在でも、勤務先の企業が支払った給与額との比較で、副業を行
っている事実が判明する場合もありうると考えます。

 

引用元:内閣府ホームページ マイナンバーQ&A(一般向け)

 

 

 

まとめ

 

 

マイナンバー制度の導入がされても、基本的に「マイナンバーから副業がバレる事はない」というのが理解でき安心した方もいらっしゃるでしょう。しかし、バレないとはいうものの、あくまでも「マイナンバー制度そのものからバレる事はない」という事ですので、副業がバレたくないと思う方はマイナンバー云々以前にバレないための対策が必要です。

 

副業がバレてしまう主な原因は確定申告の仕方にあります。本業の会社に副業がバレないための方法は当サイトの「副業が会社にバレない方法」に記していますのでそちらをご覧ください。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール

管理人:アフィリエイトナビゲーター:kazu

詳しいプロフィールはこちら

サイト内検索
人気ブログランキング
「超初心者目線」の初心者向けアフィリエイト教材
綺麗なサイトが簡単に作れるツール
カテゴリー
open all | close all
最近の投稿

ページの先頭へ